総量規制対象外の意味とは?

借金を最近したことのある人であるならば、総量規制対象外という言葉を聞いたことがあると思います。
この言葉は日常の生活とは無縁になっていますので、ほとんどの人は聞いたことすらないという言葉かもしれません。
しかし、この言葉は日本の法律に関係しているので、覚えておいても損はないかもしれません。

以前であるなら、借金をしようと思うと消費者金融に行き、お金を借りるという方法だったかもしれません。
一応、借金の年率というものがありますので、利息については昔から規定がありました。
しかし、いくらまで貸すのかという事については、規制がありませんでしたので、」悪い消費者金融などは必要以上のお金を貸すことで、たくさんの利息を手に入れようとしてきました。

これに、待ったをかけたのが総量規制対象という法律です。
簡単に説明しますと、これは年収の3分の一以上のお金を借りることはできないという法律です。
この法律は、消費者金融系のカードローンなどに適用されることになります。
しかし、この法律には例外があり、それが銀行系のカードローンです。
銀行での借金であるなら3分の1というルールは適用されなくなります。
つまり、総量規制対象外というわけです。