初めての人は必見!クレジットカードを作るときの落とし穴

クレジットカードは、高校生や18才未満の人は自分名義のクレジットカードを持つことはできません。
クレジットとは、信用と言う意味でクレジットカードを作るのはカード発行会社と将来の立替払いについて事前に契約をすると言う事になります。
クレジットカードがあるだけで、現金がなくても買い物をする事ができますが決められた日に銀行の口座から引き落としができなければ遅延損害金を請求をされる事になってしまいますので注意が必要です。 
クレジットの利用は、借金となりますのでその事を忘れないようにしましょう。
クレジットカードは、カードを作る時には在籍確認と本人確認をします。
入会をする申し込み書の中には、今勤務をしているか会社の名前と連絡先を記入をする欄があります。
その会社へ申し込みをしている人が、勤務をしているのかを確認をする事が在籍確認です。
在籍確認の電話は、オペレーターの個人名で電話がかかってくるのですがクレジットカードの在籍確認の電話に出た人は気づかない事が多いのです。
本人が出なくても、他の人が受けて在籍をしている事を言えば確認はできます。
本人確認をする理由は、申し込みをした人と同じ人であるのかを確認をするためにしています。
在籍確認をするのには、本人が出なくても確認をする事ができれば大丈夫なのですが本人確認をする時には本人が電話へ出ないといけません。
審査甘いクレジットカードほど在籍確認や本人確認をきっちりやるので覚えておきましょう。